早期退職者募集が急増→【これからは「〇〇のプロ」を目指せ!】

仕事

企業も存続のための生き残り策に必死です。

■早期退職者を募集した上場企業が2倍以上

比較的景気よいとされていましたが
先手をうって聖域とされていた人員削減に
着手する企業が増えていることがうかがえます。

東京商工リサーチによると
今年に入って希望・早期退職を募集した上場企業は昨年を2倍を上回っている

■今年(現時点):実施企業35社、募集人員1万500名超
■昨年       :実施企業12社、募集人員4120名

個別にみると特に国際競争にさらされるメーカーが中心に
早期退職者募集が相次いでいます。

1)不振が目立つ電気機器メーカー
・富士通(募集 非公開、応募2850人)
・東芝(1060人、823人)
・カシオ計算器(特に定めない、156人)
・経営再建中のジャパンディスプレイ(JDI、1200人)
・ルネサスエレクトロニクス(約1500人)など

2)薬価改定、国外ライセンス販売終了を控えた製薬メーカー
・アステラス製薬
・中外製薬など

3)食品メーカー
協和発酵キリン296人

他でも卸売、機械、繊維製品も目立つ

 

これからはどうすればよいのか?

サラリーマンの働き方はどのようになるのでしょうか?

結論からいうと

会社のプロではなく、
「仕事のプロ」または「特定専門のプロ」を目指すことです。

いまは会社の方が速く寿命を迎えますので

会社を中心に考えるのは合理的ではありません。

■これからの働き方
会社のプロ<①仕事のプロ
              <②特定専門のプロ

仕事で成果を出す人の進め方【ゴールから決める!】

■会社のプロとは

その会社の中で働いていくためのスキル

上司や同僚があなたが何ができるのかを知っています

一般的なサラリーマンですね。

 

■仕事のプロとは

仕事全体(ビジネスモデル)をトータルに考える。

グリップし提供価値、仕組み、収益、組織、収益含めて。

範囲にもよるが特定範囲であれば

プロジェクトマネージャ(期間限定)やプロデューサー(セグメント)、

会社全体であれば経営者でしょう。

経営者に近い働き方ができる経験・スキルある


■特定専門のプロとは
特定分野に特化して専門スキルです。

範囲は特定され狭いですが

高度な専門スキル、深さが求められます。

AI技術者
IT技術者
データ技術者
Webプログラマ等々

シリコンバレー現役エンジニアが教える未経験者のためのPythonドローンプログラミング

最後に

短期的には早期退職募集が増えて変化、不安も感じますが

一方、個人としては会社にしばられなくなる兆しでもあります。

個人が自身の特性を活かして

仕事をしていけるのはあるべき姿に近づくともいえます。

 

会社のプロではなく

仕事のプロ

特定専門のプロになり

活躍していきましょう。

 

働き方についても

画一的ではなく多様な仕事の仕方が

出てくることでしょう。

 

この時代に生まれたことに

感謝して精一杯自分を活かして働き

自分の人生をつくっていきましょう。

就職・転職:【やりたいこと】を見つける方法

仕事・転職:「いろいろ不安」へのたった一つの解決法【わかりやすく解説します!】

経営・仕事:「グランメゾン東京 」にみる成功【三ツ星獲得】の秘密

「グランメゾン東京」から学ぶ経営・仕事の目標達成の5つのルール【尾花は天才起業家】

コメント

タイトルとURLをコピーしました