経営・仕事:【嵐のネットフリックス独占配信】で起こる3つのこと【わかりやすく解説します!】

仕事

■2019年12月31日17時
嵐がネットフリックスオリジナルコンテンツを配信する

 

国民的アイドルグループの嵐は2020年12月31日で活動休止すると発表しており

あと一年という活動休止までの時間の中で

 

嵐は活動休止までのカウントダウンのストーリーを

テレビではなく、

ネットフリックスという動画配信サービスでファンへ届けることを選んだ。

 

選んだというより従来のテレビでは対応できず

選択肢がなかったと言ったほうがよいだろう。

 

今回は

嵐がネットフリックスで配信をすることで

起こる3つ変化について

テレビと比較しながら解説していきます。



Python 3 入門 + 応用 +アメリカのシリコンバレー流コードスタイルを学ぶオンライン講座
経営事例:ヤマダ電機大塚家具を救済・子会社化【再生のカギ!は? 】

 

■そもそも、ネットフリックス(Netflix)とは

ネットフリックスとは

動画配信サービスを展開する米企業である

世界190か国以上で1億5,000万人の会員が利用する

収益モデルはユーザー課金、主にサブスクリプションといわれる月額定額制

動画は映画だけでなく特にネットフリックスオリジナルシリーズのテレビ番組や、

ドキュメンタリーなどの動画が充実。

ユーザーはスマートフォンやインターネットに接続された端末上から、

好きな時に、好きな場所で、見ることができます。

米国の巨大ネット企業を表すFANG(ファング)の1社(N)である。

▼米国の巨大ネット企業を表すFAANG(ファング)

・SNSのフェイスブック(Facebook)
・通販のアマゾン(Amazon)
・スマートフォンのアップル(Apple)
・動画配信のネットフリックス(Netflix)
・検索エンジンのグーグル(Google)


FANGはネット、テクノロジーで世界をリードしています。

その一つである動画配信を中心にした企業が

ネットフリックスです。

世界の映画、エンタメコンテンツ制作のトップカンパニーです。

いまやあのハリウッドをしのぐ映画製作をしています。

 

仕事で成果を出す人の進め方【ゴールから決める!】

ネットフリックス配信で起こる変化1:
ファンが世界へ拡大する

1つ目は、ファンが世界へ拡大する点。

テレビが国内に限られている。

一方、ネットフリックスは世界190の国と地域に配信できる。

 

これにより一つのコンテンツから多くのユーザー・ファンへ届けることが

可能になり嵐にとっては国内だけでなく未開拓の海外ファンの拡大が実現できる。

 

・テレビ:放送範囲の日本を前提にしているため日本人のみ
・ネットフリックス:190ヶ国の字幕対応で世界中で楽しめる

 

嵐にとっては

コンサートやテレビへの個別対応する必要ががなく

国内で制作したひとつのコンテンツから世界のファンへ向けて

各国の字幕をつけて提供でき

非常に効率的なコンテンツ展開が可能になるメリットがある。

 

ネットフリックス配信で起こる変化2:
ファンに向けて直接コンテンツ制作が可能

2つ目は

ファンから直接お金を取ってコンテンツを制作できる点。

収益モデルが

テレビの広告モデルに対して

一方、ネットフリックスはユーザー課金モデルとなる。

 

テレビ:広告モデル
ネットフリックス:ユーザー課金

 

テレビ業界が広告主モデルであり

広告主の意向が大きく反映される番組制作にならざるを得ないのに対して

一方、

ネットフリックスはユーザーから直接課金するモデルであるため

ファンに届ける、喜ばれる、望まれるコンテンツを直接提供することができる。

 

嵐にとっては

作り手である嵐と受け取り手であるファンとの

直接的なコンテンツ制作が可能になりテレビと比べると

よりシンプルなコンテンツ制作が可能になるメリットがある。

 

ネットフリックス配信で起こる変化3:
データ活用でリスク対効果の高いコンテンツ制作が可能に

3つ目は、データ活用でファンが必要としているコンテンツ制作が可能になる点。

 

テレビは視聴率というサンプリングデータがあるのみである。

一方、ネットフリックスは

1.5億人のユーザー属性と行動データを保有・

そのデータを活用してコンテンツ制作できる点が強みになる。

必要とされているジャンルやシーンが事前にわかるのである。

当然、あたるコンテンツ制作が可能になる。

 

テレビ:視聴率をもとにしたサンプリングデータ
ネットフリックス:会員の属性及び会員行動の全データ

 

ネットフリックスがFAANGとして

映画、コンテンツビジネスモデルに

革新をもたらしているのはこの

データ活用である。

 

どこのだれが(性別、国・地域等)

どのプランを選択しているユーザーが

どこの字幕(国の言語)を選択し

何時から何時まで

どこから(場所・地域)

なんのデバイス(スマホ、PC等)で

何を、ジャンルの誰のコンテンツを

どのように閲覧して(倍速)

どこまで見たのか?(最後まで?)

評価は?満足しているのか?(レビュー)

 

また、市場全体としての傾向やセグメント分析を駆使し

 

どのジャンルの誰がでる

どのようなストーリーの映画や番組が評価が高いのか?

新しいコンテンツとして求められているのか?

などがわかることになる。

 

そこにお金や時間を投資することで会員にとって

優良なコンテンツができ結果、ネットフリックを

使う理由が拡大して収益もさらに拡大することになる。

 

嵐のケースでいえば、データをもとに全く違うジャンルへの

展開を提案制作し、

ネットフリックスとしても

オリジナルコンテンツを充実させることで

嵐、ネットフリックス双方にとって魅力的である。

リスク少なく収益性の高い、ビジネスになるとみている。

 

テレビは相対的に価値が低下していく

 

テレビは広告モデルで運営されており

視聴者には無料で優良なコンテンツを国内に広く安定的に提供でき点は卓越したビジネスモデルである。

このモデルはこれからもしばらくは一定の規模のニーズで維持できるとみている。

しかし、

相対的には価値が低下せざるを得ない。ネットフリックスやほかのサービスで

可処分時間の取り合いのなか

ユーザーはスマートフォンでのコンテンツ視聴やコミュニケーションに

時間を使っている。

テレビ番組表での決められた時間の中で視聴をせまる、

テレビの前に座らないと視聴することができない、

またわざわざ録画等で見ないといけないとう方式は

どう考えてもストレスであり、閲覧低下していくとみている。

 

さらに

今回の嵐の事例のように嵐のドキュメンタリーを

1年にわたって制作していくような方式で

コンテンツをつくることはできなかったのではないでしょうか?

テレビ編成や広告モデルの限界なのかもしれません。

テレビには新しいビジネスモデルが必要。

お金持ちになりたければ「不」を解決する!

まとめ

 

嵐のコンテンツが

ネットフリックスを通してファンへ届けられるようになる。

それにより起こることは3点

1、日本だけでなくファンが世界へ拡大する

2、ファンに向けて直接コンテンツ制作をする

3、データ活用でリスク効果の高いコンテンツ制作が可能

嵐やネットフリックスはビジネス的に成功する。
テレビの視聴価値は相対的に低下しいく。新しいビジネスモデルが求められる。

経営・仕事:「グランメゾン東京 」にみる成功【三ツ星獲得】の秘密
「グランメゾン東京」から学ぶ経営・仕事の目標達成の5つのルール【尾花は天才起業家】
経営事例:いきなりステーキ 社長 非常識な【お願い】
企業経営:【いきなりステーキ】お願い効かず 大量閉店 【なぜ?わかりやすく解説します!】
テレビを見るとお金持ちになれない3つの理由【わかりやすく説明します】

サラリーマンこそ自分の人生を経営せよ!

箱根駅伝の青学大優勝から学ぶ勝利のヒント【自分でどうにかする力】

サラリーマン:過度なストレスの傾向と対策

【結論】雇われていたらお金持ちになれない!【サラリーマンこそ投資しろ!】

[未経験・初心者]投資の大事なルールと始め方・手順【おすすめの銘柄】

コメント

タイトルとURLをコピーしました