稼いでいる人では無い?本当の【お金持ち】とは?【わかりやすく説明します!】

お金持ち

お金持ちになりたいというひとは多いですよね。

 

でも、

 

そも、そもそも「お金持ち」って?

どういう人のことを言うのでしょうか?

こんなイメージでしょうか?

 

 

 

 

 

一般的には稼いでいる人、収入が高い人が

思いつきますよね。

でも実は、

収入が高いだけではお金持ちになれません。

 

では、改めて

お金持ちとはどのような人のことを

いうのでしょうか

 

定義を抑えておくことで明確に把握することで

どのようになるかの手順、作戦がたてられそうです。

 

目標達成の方法については以下記事も参考にしてください。

仕事で成果を出す人の進め方【ゴールから決める!】

 

結論からいうと

お金持ちとは「お金を持っている人」であり
一般的にはおおよそ1億円以上の純資産をもっている人をいいます。

 

■お金持ちとは
純資産額がおおよそ1億円以上の資産家のことをいう

経営・仕事:【嵐のネットフリックス独占配信】で起こること【わかりやすく解説します!】

いくら稼いでいても収入があっても

手元に純粋な自分の資産(純資産)がないと

厳密にはお金持ちではないのです。

 

純資産とは資産から負債を引いた結果です。

そのお金は他人から借りている(負債)を

除いた純粋な自分の資産額です。

 

例を出しながらイメージを膨らませましょう。

 

5000万円の住宅を購入しても

住宅ローン(借金)を5000万円だと

純資産は0です。

 

資産:5000万円ー負債5000万円=純資産:0円

 

家を持っていてもお金持ちではないのです。

 

さらに

参考ですが、

今年だけでなく来年もきちんとお金持ちの人

本当のお金持ちを定義してもよいかもしれません。

■本当のお金持ちとは
①純資産額がおおよそ1億円以上の純資産家
に加え
②純資産が毎年安定的に増え続けている人です

※本当のお金持ちになるために基本から学びたいかたは
ファイナンシャルアカデミーの講座もおすすめです。
まずは無料講座に行ってみては。

ファイナンシャルアカデミー「お金の教養講座」

■本当のお金持ちの図解

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうでしょうか?

イメージと違ったかもしれません。

簡単な例を出していうと

こんなイメージだったのではないでしょうか?

企業経営:【いきなりステーキ】お願い効かず 大量閉店 【なぜ?わかりやすく解説します!】

お金持ちかな?の例

 

・マンションのオーナー社長

・一部上場企業の社長

・高級ブランドの洋服やカバンを身に着けている婦人

・軽井沢に別荘を持っているオーナー

・高級フレンチに毎週のように通う家族

 

 

 

 

 

 

でも実は外見だけではお金持ち分からないのです。

いやむしろ、

外見だけでいうと

出費が多いということはお金持ちから遠いと

見てもよいかもしれません。

 

お金持ちかは関係ない理由(あくまで可能性の例です)

 

・マンションのオーナー社長

 →マンション購入はすべて借金・負債、マンション収益性低く、資産性も低い負債過多
→純資産1億円未満=お金持ちではない!

・一部上場企業の社長
 →収入多いもプライベート派手で消費支出多くお金残らず
→純資産1億円未満=お金持ちではない!

・高級ブランドの洋服やカバンを身に着けている婦人
 →収入は高いが全て趣味のブランドものに使っている、お金残らず
→純資産1億円未満=お金持ちではない!

・高級フレンチに毎週のように通う家族
 →夫婦働きダブル収入も贅沢頻度多くお金残らず
→純資産1億円未満=お金持ちではない!

なのです。

外見のイメージは関係ないのです



どうでしょうか?

お金持ちは外見のイメージでは決められないのです。

 

  • 収入が多くても消費支出が多いとお金持ちにはなり辛く
  • 収入が多くて消費支出を抑えることができるとお金がたまります。
  • お金がたまり純資産一億円をこえるとお金持ちです。

このあたりは、以下の記事も参考にしてください

【入門】最速・確実に【お金持ち】になる3つの手順【方程式・型】

 

まずは

目標である

お金持ちの定義を押さえて明確に把握し

どのようになるかの手順、作戦を立てて行きましょう。

では。

仕事で成果を出す人の進め方【ゴールから決める!】

経営・仕事:「グランメゾン東京 」にみる成功【三ツ星獲得】の秘密

経営・仕事:【嵐のネットフリックス独占配信】で起こること【わかりやすく解説します!】

コメント

タイトルとURLをコピーしました