ココロとカラダを回復・充電する【健康に役立つよい習慣】【健康十訓】

健康

健康に役立つよい習慣を知りたい人

  • 健康について役立つ情報を教えてほしい。
  • 日常で簡単にできるよい習慣を知りたい。

こういった、疑問にお答えします。

健康に役立つ良い習慣を日々の生活の中で

少しづつでも取り入れてみることで健康を維持することが

できそうです。

 

■健康を維持のために重要な考え方

病気にならないために気をつけたいことは?

それは、

「カラダとココロの同時ケア」です。

 

カラダだけではなく、ココロだけでもなく、

 

カラダとココロを同時に回復、

充電するように心がけます。

 

カラダとココロは一体ですので

どちらということはなく

両方を労わることが必要なのです。

 

■健康に役立つよい習慣は?

 

『健康十訓』を紹介します。

この言葉は、江戸中期に横井也有という尾張の俳人が書いたものだそうです。

カラダとココロの両面から構成されています。

『健康十訓』
一.少肉多菜(肉を控えて野菜を多く摂りましょう)
二.少塩多酢(塩分を控えて酢を多く摂りましょう)
三.少糖多果(砂糖を控えて果物を多く摂りましょう)
四.少食多噛(満腹になるまで食べずよく噛んで食べましょう)
五.少衣多浴(厚着を控えて日光浴し風呂に入りましょう)
六.少車多走(車ばかり乗らず自分の脚で歩きましょう)
七.少憂多眠(くよくよせずたくさん眠りましょう)
八.少憤多笑(いらいら怒らず朗らかに笑いましょう)
九.少言多行(文句ばかり言わずにまずは実行しましょう)
十.少欲多施(自身の欲望を控え周りの人々に尽くしましょう)

一から六までがカラダ、七から十までがココロです。

いつ読んでも気づきがあり私も何度も見直しています。

 

今日も、落ち込んだり、いらいらすることありましたが

健康のために

「少憂多眠」で行きたい思います。

 

それでは

おやすみなさい。

健康習慣(ルーティン)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました